◆ブーム?今後は?? 日本ワインの現状と課題について考える   代表理事 中小企業診断士 利酒師 宮坂芳絵

最近、日本のブドウから醸造される「日本ワイン」がブームになっています。
その背景には、日本のワイナリーの努力による日本ワインの酒質の向上が挙げられます。多くの醸造家の大変な努力と情熱で、日本ワインの品質は世界でも認められています。

 

ところで、近年の日本ワイナリーの特徴はなんでしょう? その一つが、「ドメーヌ指向」が進んでいること。
ドメーヌとは、フランス・ブルゴーニュ地方で醸造所をもつ葡萄園のことを言います。つまり、自家栽培・自家醸造をする日本ワインのワイナリーが増えてきたのです。最近、国の施策もあって新しいワイナリーの創業が相次いでいるのですが、その多くは、畑も持ったワイナリーです。

 

実は、既存のワイナリーもブドウの「自家栽培」を活発化しています。
その理由は2つ。一つは、「良いワインは良い葡萄から」と言われるように「良い葡萄」をいかに造るかにワイナリーが努力していること。もう一つは、既存のブドウ農家の高齢化に伴う造り手の減少。

 

 

「自家栽培」と一口に言っても、実はそれって本当に大変なこと。ご存知のように、ぶどうはもともと乾燥地帯で育つ植物です。ですので、多湿で雨量も多い日本の地では、フランスやイタリアなどの国と同じに・・というわけにはいきません。土づくりから生育まで、本当にすごい努力をされています。また、ワイン用のブドウには、様々な品種がありますが、土地の性質(土の具合や、日照時間、昼と夜の温度差など)によって、合う・合わないが発生します。つまり、造りたい葡萄の品種が自分の持っている畑で育つとは限らないのですね。

 

 

もう一つ、ワインブームの陰で、苗木の不足が深刻です。
畑を増やしたいけど、植える苗木がない・・・そんな話をよく耳にします。
ワイナリーでは、接ぎ木の技術を駆使したり、多くの工夫をしていますが、葡萄がなければ、ワインはつくれないですから、悩ましいところでもあります。

 

 

ちなみに、日本ワインの市場規模は、日本のワイン市場の中で大体4%(160万ケースくらい、日本の総ワイン市場が4000万ケース程度)。

 


日本ワインは、ずーっと伸び続けてきたのですが、ここ最近になって様子が変化しています。

最近のワインの人気は、チリワインです。これは、関税など多くの事がかかわっていますが、簡単に言うと、質が良くて日本人の舌に合うワインが安く手に入るということです。


それに比べると、日本ワインはまだまだ消費者にとってはお手頃価格とは言えないですが、日本の土地で、日本の水で育った葡萄で造られる日本ワインは、日本の食とも相性はすごく良い。

もっともっと、日本ワインを愛していきたいなぁ・・と思っています。

 

*写真は、山梨県の勝沼醸造のブドウ畑です。