◆良い酒屋って・・・?~やっぱり「愛」が大切ですよね ~

代表理事 中小企業診断士 利酒師 宮坂芳絵

 

みなさんは、普段お酒はどこで購入されていますか?

 

スーパーマーケットで食品と一緒に? それとも専門店?百貨店?

 

いずれにしても、どんなお酒(ビール、日本酒・ワイン・焼酎など)を買うのか、自宅用か贈答用か、などによっても、その購入場所は様々。

しかし、「良いお酒を買いたい」という思いは、共通ですよね?

 

良い酒屋とはどんなお店でしょうか。

 

・季節の商品(今の時期の日本酒ならしぼりたてなど)が置いてある店

・めずらしいお酒がたくさんある店

・有名な銘柄のお酒がある店

・品数が豊富でたくさんの中から選べる店

・お酒の専門知識があってちゃんと説明してくれる店

・温度管理などがしっかりしている店

・入りやすくて居心地のよい店

・・・様々な視点があると思います。

 

私は「お酒に愛をもって、大切に販売している店」と考えます。

規模や立地、店舗の新旧、取り扱い銘柄数・・そういうものではなく、お酒への愛情。

 

お酒の業界は、量販店などが出店数を伸ばし「お酒は安くないと売れない」と考える店が急増した時期があります。確かに、同じ品質であれば安いほうがいいかもしれません。

 

でも、安く売るということは、商売の視点で考えると利益率は低い。量を売らなければ利益は出ません。しかし、今は少子高齢化・人口減で「量」の世界ではなくなっています。先の「安く売る」行為は、お店自体、しいては業界全体の弱体化を招きました。

 

視点を変えると、価格は、商品の市場価値でもあります。安いものは、それだけ価値が低いとみているともいえます。酒蔵が「子どもを育てるように」精鍛こめて作ったお酒に「安い価値しかない」と言い放っているようなもの。…本当にそれでよいのでしょうか?

 

もう少しいうと、お酒は大変繊細な飲み物です。どんなに蔵が大切にお酒を作っても、流通や保存状態で、味は変わる。

 

愛情をもって、大切にお酒に向き合って販売をしているお店には、扱うお酒への「愛」がある。だからこそ、正当な価格で最高の状態の酒を消費者に届けるのです。

 

お店に入って、一番売りたそうな陳列棚においてある商品を手に取って「このお酒はどんなお酒ですか?」と聞いてみてください。言葉に詰まったり、「まあおいしいです・・」みたいな曖昧な返事しか返ってこないのならば、その商品には愛情はないのかも。(かなり乱暴ですが)

 

「扱う商品に「愛情」が込められているか」、そんな視点で、売り場や酒屋さんを見てみてください。

良い酒屋では、良いお酒との出会いが必ずあります。

そして、そのお酒のもつ魅力を最大限伝えてくれます。その魅力を、味覚とともに体感する楽しみは最高の幸せです。

 

流行や他者評価や銘柄に左右されるのではなく、自分らしく楽しめるお酒。

そんなお酒との出会いができる、本物の酒屋。

 

皆さまにも、良い酒屋さん、良いお酒のとの出会いがたくさんありますように。